ISO9001とはなんなのか?

商品やサービス、その品質おいてISO9001というものが見受けられます。このISO9001とは一体なんなのか、そして取得する方法とは?これから用いたい人に向けて紹介いたします。

それは信用であり証明です

ISO9001は商品やサービスの品質に関わるもの、ISO規格です。これは企業の商品あるいはサービスが国際基準レベルである、という証明となっており、お客様や取引先に対しても信用の証になります。これは取得するべきものとなっており、プロセスをふんで漸く取得できるのです。品質マネジメントシステムの構築ガイドライン、そしてアピール効果、最終的には品質向上で得られる顧客満足度も達成を目指します。

ISO9001とは?ISOとは何?

これは会社や組織が商品、サービスの品質向上が目的である、マネジメント規格のことをいいます。管理の仕組みの規格で、継続的に製造やサービス提供プロセスを改善する、それを運用して顧客満足度を達成する、という目的があります。常によりよいサービスや商品をお客様に提供することが可能になり、品質以外にも書かうや納期関連の顧客にとって要求したい事柄を満たすためにも利用されています。ISO9001では品質・価格・納期のバランスが求められています。これらを重視して顧客対応をしていく、というのが目標です。

もし高品質なものを入手できても価格が釣り合っていないと成り立たない、極端に低品質なものを安く速く納品できても成り立たない、これらのバランスを絶妙にとることで、顧客満足度は向上するのです。そして一定の品質を出すため、スタッフによってのバラつきがでないようにするためにもこのISO9001でルールを設けます。そうすることで、不良品がでるのを最小限におさえるのです。一定の品質を出す、そして問題点を改善していき、それで顧客満足度の達成を目指します。ISOには他にも14001や27001などがありますがISO9001は品質についての規格、これは国際基準レベルの管理、運営をしますことができる、そんな認証です。

他の規格とはどう違う?

ISOにはさまざまな数字がありますが、その違いはどこにあるのかについて紹介いたします。ISO9001は品質マネジメントシステムとなっており、ほかにもISO14001、ISO27001などがあります。ISO9001が商品やサービスをより良い品質を意識しながら継続的に提供するためのもの、ISO14001は組織の活動によって人・自然などに悪影響を及ぼしてしまうリスクを低減するためのマネジメントに関する規格です。これらは両方ともマネジメントに関わることですが、異なる規格です。しかしどちらも顧客満足度のために存在している、というのは変わらないです。ISO27001は組織の保持する情報資産に関する規格であり、少々異なる分野とされています。しかしいずれも国際基準において非常に信頼性の高いものとされています。

取得方法について

ISO9001における取得プロセスは以下の通りです。
まずは検討や準備の段階、ここで行うのは
・担当者を決定する
・要求事項を入手する
この二つを行います。
担当者、ここではISO担当者はできれば二名確保、そして日本規格強化グループが販売している要求事項を購入します。わかりやすくまとめられたものが書店でも購入可能です。これらの準備ができたら次はマネジメントシステムの構築と運用です。ISO9001の要求事項にそってマネジメントシステムを構築します。そして必要に応じて文書化も進めていきます。

構築が完了したらそれを運用し、PDCAを実行します。このPDCAを実行し、サイクルを回した後は審査を受けます。これで認められればISO9001の認証取得完了です。これを認証できれば、看板や名刺など、取引先やお客様から見えるところに認証取得企業である、というのをアピールできるようになるのです。ISO9001認証企業としての活動は信頼性が高く、非常に有利になる場面があります。

取得される理由の例

ISO9001の取得の理由についての例をここでは紹介いたします。品質が属人的である場合、担当するスタッフによって品質が変わっていたから、という時にもISO9001の取得がされています。品質向上のためにもばらつきは無くすべきもの、品質向上と体制整備のために求められた結果認証取得をするケースもあります。また他にも、管理できる仕組みの統一のためにISO9001の認証取得をするケースもあります。内部統一ができなくなりつつある会社において、この認証を目指すと書類の内容なども統一化できる効果があります。管理の仕組み、現場の進行、これらをしっかり守るためにも認証取得が目指されています。製造業を中心に近年、取引先などから求められて認証取得をするケースは増えています。これによって取引に活かし、対外的アピールが可能、そして社内の改善が見込まれます。

ISO9001を上手に取得する工夫

マニュアルと聞くと、辞典のような極太のマニュアルが頭に浮かぶ、そんな人は多いです。そしてそんなマニュアルを作らないといけない、という思い込みから大変な作業に身を投じがちです。最低1cmは必要、みたいに思われてしまうマニュアルですが、うまくいく工夫はそこではないのです。何度も間違えてしまう可能性もあるISO9001、これをうまくするための工夫は実にシンプルです。
・楽に運用できるシステムを作る
・無理せず、薄いマニュアルを作る
・誰が見ても優しいマニュアルを作る
・テンプレートなどを工夫して短時間で作れるようにしておく

これらをおさえておくことでかなり楽に作れますし、またそれを参考にする人達にも伝わりやすいです。膨大な文章を作って記録をたくさん入れておかないと絶対にISO9001は認証取得できない、ということはけしてないのです。しかしそういうマニュアルはどうやって作るのか?という問題にあたります。ISO9001認証取得のお手伝いをしてくれるサービスがあるのでぜひそれの利用をおすすめいたします。実務経験豊富で、自分自身で何度もISO9001認証取得をし、失敗したケース、成功したケース両方を知っている人物からアドバイスを貰いながら作成が可能です。

メリットとデメリット

ISO9001認証取得のメリットデメリットは以下の通りです。
メリットは
・ビジネスチャンスの拡大と売上増加に繋がります。
・イメージアップや信用度の向上を目指せます。
・顧客満足度の向上が見込めます。
・トラブルが少なくなります。
・社内での意思疎通が円滑になります。
・過去の記録が必要になった場合にはすぐにその記録が取り出せるようになります。
・組織の活性化が期待できます。
不透明な状態や整備されていない状態というのは会社や組織にとってデメリットが非常に多いです。

しかしISO9001認証取得をすることでマニュアル化、品質改善のための問題点の明確化や責任の所在についても明らかになり、仕事に対する意識がかわります。
但し、デメリットとして
・取得と維持でコストがかかりすぎる場合があります。
・新しいルールを従業員に周知してもらう必要があります。
・その結果従業員に負担がかかりやすくなります。
これらが起こりやすくなる可能性があります。
会社の実情に見合わないシステムは結局認証返上に繋がってしまいますので、構築するマネジメントシステムはしっかり考えなくてはならないです。

活用・まとめ

製品やサービスは顧客満足度を達成するためにもISO9001が必要になってきます。その認証には非常にややこしいプロセスがありますが、それをしっかりサポートしてくれるサービスがあるので、ぜひ相談がおすすめです。ISO9001の認証取得に悩んでいる今こそその相談のタイミング!ぜひ相談をおすすめいたします。